外ファスナーと内ファスナー

オシャレさん集合

外ファスナーと内ファスナー

冬の定番靴の一つにブーツは欠かせません。
ロングにショートとその丈もいろいろあるので、その日の服装や出かける先によって変えると楽しいと思います。

ブーツの多くはファスナーがついていますが、内側にファスナーがついていると見た目にはわからないので、オシャレな感じです。
でもファスナーを上げ下ろしする時に、ちょっと気を付けないと足が開いてしまってみっともないことになりますので、少し鏡の前で練習をしておくと綺麗に出来ます。

外側にファスナーがついていると、ファスナーの上げ下げの時に足を開いたりせず、あまり気にせずに出来ますが、ファッション性としては若干見た目が良くない感じがします。
ラグジュアリーのアパレルメーカーでは、わざと外側にダミーのファスナーを付けたデザインのブーツを出しているようですが、このようなデザインがオシャレとして見られるようになるには、そのアパレルメーカーの名前が社会の中で確立していないと難しいかもしれません。


革のブーツを使いこなすための知識

寒い季節にカジュアル系のコーディネートをする時は、革のブーツは他のアイテムと合わせやすい優秀なものです。
足元をおしゃれに飾るだけでなく、保温性に優れているため自然体で利用することができるのが大きなメリットです。
このアイテムを利用する時には、ちょっとしたコツを覚えておくと良いでしょう。
まず、素材が動物のものを使用した本格レザーか、フェイクレザーかを把握しておくことが大切です。
本格レザーの場合は独特の色や艶が出て見た目が美しく、しなやかで長持ちなのが特徴です。
しかし、そのまま放置してしまうと色がくすんでしまったり艶がなくなってしまうため、定期的に専用のクリーム等でメンテナンスすることが必要になります。
また、汚れがついた時はできるだけその日のうちに取り除くことによって、汚れの定着を防ぎやすくなります。
雨などに塗れてしまった場合も放置は厳禁で、帰宅したらタオル等で拭き取ることを心がけておくと良いでしょう。
乾かすために直射日光に当てるのも劣化を加速させるため、避けたほうが賢明です。
こういった一手間を掛けることで、美しいまま長持ちさせることができます。
フェイクレザーの場合は、レザーと同じような風合いを持っており、レザーに比べて雨や汚れに強いという特徴があります。
しかし、フェイクレザーはある一定期間が経つとボロボロと劣化してしまうという特性を持っています。
そのため短い期間使うアイテムとして割り切ることが大切です。
こうした知識を覚えておけば、より効果的に革のブーツを使いこなすことができるでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

格安なゴルフ場へ行こう
http://www.odawarajocc.com
町田 美容室
http://www.doublehairdesign.biz/
住宅リフォームは仙台市のスイコーへ
http://www.suikoo.jp/
水素水の専門店|TEDショップ
http://re-suisosui.com/
ブライトリング
http://www.eye-eye-isuzu.co.jp/